がん治療の最前線 重粒子線治療

重粒子線。 この言葉は知っている人もそこそこ居るんじゃないでしょうか?と思います。 そんなに知名度の無いマイナーな治療でもなかろうと想像します。 重粒子線を癌病巣に照射して急所のみをなるべく狙い撃ちして癌を治療する療法。 その特徴は、患部にパワーを維持したまま到達し、患部/体を貫通せずに癌病巣だけを照射するという。 そうする事で、体へのダメージを最小限に食い止めるらしい…

続きを読む

外反母趾の治療 DELMO法という手術

外反母趾に悩む。 男性でも例外ではないらしき事はしばしば耳にしますが、当方は外反母趾には縁がありません。 相当辛いんでしょぅ・・・。 女性の3割が外反母趾に悩んでいるそうですね。 他の指にも絡んで交差している状態なんて、ひどそうで見てられないです。 重症になると、痛みでまともに歩けない様ですね。 そんな外反母趾治療のスペシャリストが栃木県の塩谷病院に居るそうです。…

続きを読む

生きた寄生虫・豚べん虫が人間を救う?

なんとも気持ち悪い健康の話。 豚べん虫という卵を飲み込むと、巡り巡って人の健康の一部を救う、という話。 サプリメントとしての活用という話ですが、アレルギーに対する耐性を発揮する、という話の様です。 見るからに気持ち悪いです。見た目、ピロリ菌の様な姿をしています。 これが、結局のところ、人の健康の一部に効果をもたらすというのですから、医学の世界は凄い話です。 又、高齢者に…

続きを読む

頭部移植にAI癌判定! 最新医療の実情

なんとも信じ難い様な最新医療の話。 イギリスからの情報ですが、恐ろしくなる様な内容の情報ですが、しかし現実味を帯びている話の様で・・・。 人の頭部を他人の頭部と移植手術により入れ替えるという技術。 脳がある方の人格、人物として生きていく・・・という事の様です。 驚くべきは、そんな事をしても、死亡したりする話ではない、という事。 更に、医者が活躍する場面が明らかに減退…

続きを読む

腰痛・腰椎変性すべり症の治療の最前線

腰痛と言ったら、誰しも一度は患った事がある病、誰しも一度は苦しんだ経験がある症状ではないでしょうか? たかが、只の痛みでしょ?と言うと、実はその痛み、苦しみはなってみないと辛さは解らないかもしれません。 一時的な激痛ではない、地味にひどく苦しい事が、持続的に起こる、それは結構なものですよ。当方はなった事がありますから、その苦しみが解ります。 東京・練馬区にある総合病院での映…

続きを読む

大阪に在る乳がん治療のスペシャリスト

大阪市に在る病院に、乳がんのスペシャリストが居られました。 中山貴寛先生という医師です。 今や、乳がんで亡くなられる方は年間に1万人以上居られるという。 しかし、同時に、こまめな定期検診と先進医療の発展によって、乳がんは早期に発見と治療をすれば、十分に助かる病気となっているのが現況です。 非浸潤癌と、浸潤癌、この差も治癒するには大きい要素だという事…

続きを読む

現代病・睡眠不足の改善効果があるテアニンを含むあの食べ物とは?

睡眠不足、睡眠の乱れを改善する食べ物・飲み物とは何か? その改善を促す成分は、テアニンという成分なのだそうです。 そこまで公開したら、テアニンを多く含む食材をともかくも試せば良いという話にもなりそうですが・・・。 リラックスを促す効能がある様で、しかし、映像中で謳われている内容は、試すのもそう大して大変でもなさそうなどこにでも売っている様なお馴染みの食品。 …

続きを読む

超巨大脳腫瘍にスーパードクターが挑む!

脳外科の腫瘍摘出手術の第一人者、スーパードクターと言ったらまずこの先生です。 長さ12cmの超巨大腫瘍って、そんなにも大きくなるまで巨大化してしまうものなのですね・・・。 脳をやられてしまうと生活が狂わされてしまう、人生を狂わされてしまう急所です。 色んな脳外科医でも外科医人生のおいて、1度、視るか視ないか・・・というレベルのものだという巨大腫瘍。 大ベテランの先…

続きを読む

スーパードクター 福島孝徳先生の脳神経腫瘍摘出手術のスゴ技

神の手を持つというスーパードクターの一人。 福島孝徳 先生と言えば、TVで天才ドクター関係の番組が好きで視ている人ならば、誰しもが知る先生じゃないでしょうか? 脳外科のスーパードクター、1円玉硬貨ほどの小さな鍵穴で脳内に出来た腫瘍を摘出し、次々に患者を救っていく神業を発揮している天才外科医です。 注目すべきはその人柄じゃないでしょうか・・・。 威張るでもなく、驕る…

続きを読む

麻倉未稀さんが乳がん手術に挑む

今時の時代、乳がんは不治の病などではなく、早期発見すれば、高い確率で完治する病気と認知されてきました。 映像中の麻倉さんはステージ2。 ステージ2は早期の部類に当たるという医師たち。 それにしてもで、シャツの胸部の上に出血が見られたというこの段階で、思い切り乳がんを疑う事象だろうというのに、検査してもその所見が見当たらないとは・・・。 乳がんて、そんな病気だっただろうか・…

続きを読む