大阪に在る乳がん治療のスペシャリスト

キャプチャ.JPG

大阪市に在る病院に、乳がんのスペシャリストが居られました。
中山貴寛先生という医師です。

今や、乳がんで亡くなられる方は年間に1万人以上居られるという。

しかし、同時に、こまめな定期検診と先進医療の発展によって、乳がんは早期に発見と治療をすれば、十分に助かる病気となっているのが現況です。

非浸潤癌と、浸潤癌、この差も治癒するには大きい要素だという事ですね。






この映像では先生が淡々とした語り口で分かり易く解説してくれています。

乳がんのスペシャリストの一人である、中山貴寛医師の解説です。






この記事へのコメント