がん手術の最後の砦

最後の砦.JPG

静岡県に、がん治療の最後の砦が居る。

県立静岡がんセンター。そこにがん治療の神が居る。
肝胆膵外科の部長である、上坂克彦 医師。最後の砦と称されるスペシャリストです。

その膵臓がん手術胆管がん手術に迫る。

最高難度と言われる手術に次々に挑んでいく。
治療困難と言われた患者を救っていく様はまさに最後の砦でしょう。

膵臓がんは、発見された時点で既に進行していて手遅れだというケースも多く、治療困難な場合も多い。
5年生存率の低いがんとして知られているものです。






そして、胆管がん摘出手術の場面では、あれもこれも臓器を取り除かなければならないケースを視る。
これで人間、生きていけるのだろうか?・・・と疑ってしまう様な大手術です。

そんな最高難度の手術に迫る。






この記事へのコメント