名医が案内する 血管に良いお茶は?

お茶が体に良いという事、かつてはそもそも薬として扱われていたという事は、知る人も多いのではないでしょうか。 お茶に含まれているカテキンという成分は、もぅ様々な健康情報番組などで何度も採り上げられています。 が!・・・、しかし、お茶の飲む量や頻度と直結してるわけではないでしょうが、病気にかかる人の量はこれまた近年、増えてきています。 そう考えると、矛盾して相反している気がする事も…

続きを読む

睡眠や腸などに良いお茶パワーのご紹介

睡眠は健康長寿に欠かせない大切なもの、それは皆さん周知の事と思いますが、ではその睡眠の為に効果的なお茶は?・・・という話になります。 麦茶。 個人的に、あの麦茶の香りがどうにもハッキリしていて常飲するお茶としては興味があまり無いのです。 何というか、お茶らしくない様な気がしまして、どうにも選ぼうという食指が向かない。 がしかし!、あの香りが睡眠には効果的だという。 そし…

続きを読む

医師が本気で選ぶ食材ランキング! 5位~1位 やっぱりアレが第1位!

この世には、痩せホルモンなるホルモンが存在している事実を知りました。 朝活と言いますか、朝食に青魚の缶詰を食べる事がオススメらしく、それが痩せホルモンの活性につながるというちょっと不思議な?話。 ま~しかし、朝に青魚の缶詰を摂れるかな~と考えると、朝からはちょっとキツいですしね~とは思います。 サバの水煮の缶詰は確かにブームになりましたし、今でも流行ってますし、健康効果は今でも…

続きを読む

医師が本気で選ぶ食材ランキング! 10位~6位

お医者さん達が、本気で健康に良い食材を選んだら、そのランキングはどうなるのか? 結構な健康オタクである当方にはそこそこ興味のある話題です。 で、実際そのランキングが判ってみれば、まぁまぁ見当がつくある程度予想内の結果でした。 TOP10のそれらの食材を視てみると、まぁ買うのにもそんなに苦労をしないで普通にスーパーで売っているものがほとんどなので、皆さんも真似をしようとして無…

続きを読む

肺炎を引き起こす嚥下障害の改善策

死因の上位に常に位置している肺炎。 その肺炎を誘発している障害の一つであるのが嚥下困難。 加齢してきて40代以降になると嚥下障害の率が上がってくるという、比較的一般的な症状です。 喉頭蓋という喉の奥の器官の筋力の低下に依るものですが、食道へ流れていくべき食べ物や水分が誤って気管の方へ流れていってしまう障害です。 誤って肺に入っていってしまった飲食物が腐敗など起こし、菌が繁…

続きを読む

乳癌 非切除凍結治療とは

小林麻央さんが乳癌に羅患したのを切っ掛けにしてか、それから乳癌検査や治療を行っている医院が混雑しきりである様です。 そしてここに、乳房を切除しない新しい治療方法を開発したという先生が居ます。 治療自体も、視ると、これで良いのか?こんなに簡単なのか?という第一印象さえ湧きます。 乳癌を狙い撃ちするかの様に、針の様な器具を局所に挿し込み、癌を凍らせる。 そして、発症した癌その…

続きを読む

人気モデル・タレント岡田紗佳の不健康な実態

ファンが視たら泣くぞ!・・・というべきなのか、それほどコアな大ファンがどれほど付いているものなのか、知りませんが・・・。 岡田紗佳さんだ!というところに多いに注目が集まるのか、一縷の疑問はありつつも、本記事でクローズアップするのは、人物が誰かというところではなく、その奇異的に偏った生活習慣です。 余命がどれくらいか?どころか、そのままでいたら、恐らく30代後半くらいから早くも…

続きを読む

いびき解消、睡眠時無呼吸症候群の治療の切り札か?

ちょっとやそっとのいびきではなく、大きかったり長かったりするびきは、一緒の部屋で寝ている人は勿論、本人自身が自分のいびきで目が覚めてしまうなんていう話も珍しくないですよね。 時に、睡眠中に呼吸が何度も、数十秒間も止まってしまう、睡眠時無呼吸症候群にもなってしまう怖い症状です。 そんな、いびきを治すものとしては、CPAPという器具を装着して眠る治療は聞いたことはありますが、対処…

続きを読む

きになる口臭の予防と改善方法

口臭というのは、自分では気がついていない、意識していない人も多く居る事でしょう。 大抵は、歯磨きの仕方に気をつけて、数ヶ月に1度くらいのペースで歯医者さんでクリーニングやチェックを定期的にしていれば、まず口臭は発しないはずです。 口臭の元となる事の一つは歯周病。 昔は、口の中の手入れの悪い中年のオッサンの症状、病気だとかと半ば決めつけられていた時代もありませんでしたか? …

続きを読む

線虫検査に唾液検査 癌超早期発見技術の最前線

昨今も、癌で亡くなられた有名人・著名人さん方々を挙げたら寂しい限りな気が致します。 生活習慣の改善と維持、そして、定期検診による早期発見。これが、とにかく大事な2つの要素かと思われます。 そして、幾つかのベンチャー企業等が、コツコツと癌と戦い一人でも多くの患者さんを救う、一人でも多くの方が早期発見出来る技術を研究し開発しつつある模様です。 ごく少量の尿から多くの早期に癌…

続きを読む